文字サイズ

ホーム > 交流大会 > ゲートボール

交流大会

ゲートボール(げーとぼーる)

 ゲートボールは、5名1組で赤白にわかれ、ボールを打ち、コート内の3か所のゲートを通過し、最後にコート中央のゴールポールに当てて総合得点を競う競技です。性別や体力の差にとらわれず、子供からお年寄りまで全世代がゲームを通して楽しく交流出来るスポーツです。競技時間は30分なので、学校や職場のお昼休みなどでも気軽に楽しむことができます。

 「ゲートボール=お年寄り」というイメージがありますが、近年、小学生から高校生や社会人へと広がり、また、世界5大陸に普及しており、平成26年には、新潟県で世界20カ国が参加し「第11回世界ゲートボール選手権大会」が開かれました。平成27年和歌山県で開催される国体には、公開競技として開催されることになっています。

 

ゲートボール

ゲートボール

開催地【平戸市】平戸市総合運動公園ライフカントリー 多目的グラウンド

 → 地図はこちら
 → 平戸市のご紹介

会場までの地図

平戸市総合運動公園ライフカントリー 多目的グラウンド(ひらどしそうごううんどうこうえんらいふかんとりー たもくてきぐらうんど)

〒859-5152 平戸市鏡川町944番地3

■交通アクセス
○バス
 西肥バス
 佐世保駅前~平戸新町(平戸桟橋行)
 生月バス
 平戸新町~平戸赤坂(平戸線・「生月」一部桟橋行)
 「平戸赤坂」下車 徒歩7分
○鉄道
 JR「佐世保駅」から車、タクシー 約1時間20分
 松浦鉄道
 「佐世保駅」~「たびら平戸口駅」から車、タクシー 約10分
○西九州自動車道「佐々IC」から車 約40分
 西九州自動車道「南波多谷口IC」から車 約1時間

インタビュー

上杉会長

上杉会長

加藤副会長

加藤副会長

山口事務局長 城石事務局員

山口事務局長 城石事務局員

(長崎県ゲートボール協会 会長 上杉 勝也)

 ねんりんピック長崎2016の開催に対し県内のゲートボール関係者の力を結集し成功する様に努めます。

 

(副会長 加藤 敏夫)

 ねんりんピック2016に向けて審判員の養成に努めます。

 

(事務局長 山口 博人)

 県協会として大会に関する情報の収集・発信に粗相のないように努めます。

 

(事務局員 城石 智子)

 私が電話などの受付を担当いたします。宜しくお願いいたします。

 

Q:競技のみどころや楽しみ方をお聞かせください。

上杉会長:

 ゲートボールの見どころは、多様な作戦を必要とする頭脳的なゲームで、必ずしも高度な技術を必要としませんが、トップレベルのゲームになるとビリヤードにも似た高度な技術が披露され、見ていても楽しめるエキサイティングなスポーツです。腕を磨き、競技に勝って、県大会や全国大会で勝ちたいと思う「勝利優先型」の人と、体力はないが、ほぼ毎日ゲートボール場に行き、日向ぼっこや世間話でのんびりしながらゲートボールを楽しむ、いわゆる「健康志向型」のどちらにも受け入れられるスポーツです。

 

周辺地域情報

全種目一覧

平戸市で開催される競技種目

ゲートボール

市町の紹介