文字サイズ

ホーム > 交流大会 > ソフトバレーボール

交流大会

ソフトバレーボール(そふとばれーぼーる)

ソフトバレーボールは、子どもから高齢者の方まで老若男女問わず楽しめるスポーツとして、全国に愛好者が増えているスポーツです。健康づくりや体力作りに役立つばかりではなく、家族や仲間同士の絆を深めるとともに、新しい地域作りやコミュニケーション醸成のための生涯スポーツとしても期待されています。競技は、バドミントンコートを利用した4人制のバレーボールで、ゴム製の柔らかいボールを使用します。ネットの高さも2mと通常のバレーボール競技よりも低く、初心者でも気軽に取り組むことができます。また、九州ブロックフェスティバルや各種目ごとの全国フェスティバルも開催され、競技志向を目指すチームもあります。どちらを選ぶにしても、これからますます盛んになるスポーツです。みなさんも始めてみてはどうでしょうか。

 

開催地【諫早市】諫早市中央体育館(内村記念アリーナ)

 → 地図はこちら
 → 諫早市のご紹介

会場までの地図

諫早市中央体育館(内村記念アリーナ)(いさはやしちゅうおうたいいくかん うちむらきねんありーな)

〒854-0062 諫早市小船越町1048番地2

■交通アクセス
○バス(県営バス) 長崎方面行きに乗車
 飯盛団地~東厚生町線、久山台ニュータウン~東厚生町線、
 みさかえの園~諫早営業所線
 「競技場北口」下車  徒歩3分
○JR長崎本線、大村線「諫早駅」から車、タクシー  約5分
○長崎自動車道「諫早IC」から車  約5分
○長崎空港から車、タクシー  約25分

インタビュー

(代表者インタビュー)

 

私は、中学生~社会人(30歳)まで、6人制のバレーボールをやっていた。今から16年前の39歳の時、関東から佐世保へ帰ってきた私は、帰郷の報告をかねて中学の恩師に会いに行き、その場で、恩師が所属するソフトバレーチーム(運悪く高校の恩師も在籍)に、強制的に参加させられた。これが私とソフトバレーとの出会いである。

当初は9年間のブランクに体も思うように動かず、硬いボールとの違いに悪戦苦闘。しかし、元来バレー好きの私は、ソフトバレーの魅力に取り付かれ、8年前からは夫婦でソフトバレーを楽しんでいる。幸いチームに恵まれ、私自身も全国・九州大会の常連になれ、昨年の全国シルバー大会では、1位を取ることができた。また、各大会で多くの友人を得ることができ、次の大会での再会が、練習の大きなモチベーションとなっている。

現在、我がチームの現役最高年齢プレイヤーは74歳。私よりも20才年上で、生涯スポーツであるソフトバレーを体現されている。自分がそこまで現役で頑張っていられるか自信は無いが、夫婦揃って『ねんりんピック』に参加することが、現在の目標。

 

周辺地域情報

全種目一覧

諫早市で開催される競技種目

ソフトボール
マラソン
ソフトバレーボール

市町の紹介